東野幸治について


今田耕司さんに並び、ピン芸人として大活躍している東野幸治さんだが、
賛否両論になりそうな彼の笑いについて考えていきたい。


いきなり私の見解を述べると、東野幸治はおもしろい!である。
しかし、今田さんとは全く逆で、世間からは良い評価・意見はあまり聞かないような気がする。
それは、今や懐かしの「ダウンタウンのごっつええ感じ」での
いじめられキャラ脱ぐキャラなどの印象が強いのであろうか?
私は東野さんのめちゃめちゃファンだと言うわけではないが、
彼のおもしろさは高く評価させてもらっているし、たくさん笑わせてもらっている。


番組でも今田さんと2人並んで司会進行役をすることが多い。
きっと、視聴者には「今田に付いてばっかり。」と、思われているのだろうが、
私は2人の司会を見ていると、東野さんのボケに身体が反応してしまう。
感心しながら笑えてしまうのだ。


昔、「動きの笑いで東野には誰もかなわない」とダウンタウン松本さんが
発言していたのを覚えているが(それは、著書「松本」でも書かれていたと思う)、
しかし私は、しっかりとしゃべりで笑いを取るタイプの芸人さんだと思う。
松本さんの発言とは逆で、東野さんをラジオ芸人だという人も多い。
それは動きなど抜きのしゃべり一本の笑いで勝負できるというすばらしい意味だと思う。
(それは、ラジオのレギュラーだけが6本という時期があったからだとも思うのだが…)


ピンでやるからにはボケタイプだと、とても難しいと私は思っている。
ツッコミができなければピンでは成功できないとさえ私は思っている。
明石家さんまさんや、ビートたけしさん、島田紳助さんなど
ピンで活躍されている芸人さんは全てツッコミタイプである。
そして、東野さんもしっかりとツッコミのできる芸人さんである。
過去、「笑って!いいとも」でタモリさんと絡んでいても、東野さんが横にいる時のタモリさんは
どの曜日よりも安心して、ボケまくっていたではないかという事だ。(というよりタモさん暴走!)
自分は極力ボケず、タモリさんを必死にツッコんでいた。
それは、相手が先輩のとんねるずであっても変わらない。タメ口でガンガンツッコむ。
だからと言って、とんねるずの2人が嫌がっている様子は見られない。
むしろ喜んでいるように見える。
普段体験しないような関西のバリバリのツッコミを体験できて…。
そういう意味では、やはりボケを分かっているからこそのツッコミができる人だと思う。
また事務所の大先輩島田紳助さんであってもガンガンタメ口でツッコむ。
そしてやはり、紳助さんもそれを嫌がっているようには見えない。
紳助さんやタモリさん、とんねるずが安心し嬉しくなってしまうようなツッコミをしている。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」の企画でイジメられキャラとして活躍していたのも、
結局はそういう事なのである。イジメ甲斐があったのだ。
「どうゆうことじゃー!!オイ!ダウンタウンーっ!!!」
ボケられてもイジメられても、ちゃんと言葉でツッコミ返す。
そして、ボケた人・イジメた人が気持ちよくなるツッコミ・リアクションをする。
そういう意味でも東野さんのツッコミは信頼されている。
ゆえに、ピンで生き残る資格を持った芸人さんなのである。


しかし当然、弱点もある。司会が下手だという事だ。
人がコメントした事を二度繰り返して言ってるだけという司会ぶりだ。
おそらく分かりやすくしてあげようとしているのだろうが、
司会としては決してうまくない。 だから、今田さんと組んで司会などする時は
必ず今田さんが全てを仕切る。 しかし、これはこれでベストの形だと思う。


純粋な司会という意味では決してうまくないのだが、
「あらびき団」での司会では、演者にとっても視聴者にとっても良い司会をする。
(厳密には司会と言うより、ネタVTRを見てコメントするのだが、)
ここに東野幸治のすべて表現されていると言っても良い。
ショートネタを披露する番組と言う意味では同じジャンルになるであろう、
「爆笑レッドカーペット」の司会をする今田さんと真逆である。
今田さんは出演芸人に対して、とても肯定的なコメンをすることが多い。
演者が意図しているポイントで爆笑する。
その点、東野さんはダメ出しや粗探しをして演者が意図していないズレた部分で爆笑する。
演者が言って欲しくないないような部分までをバシッとツッコむ。
しかし、それで助けられている演者も多い
だろうし、
我々、視聴者にとっても笑えるコメントになっている。
やはり、東野さんは人を活かすツッコミ芸に秀でている芸人さんだと思う。


このように、東野さんはツッコミタイプではあるのだが、今田さんと組むとボケタイプになる。
Wコージでコントなどするときは、必ず東野さんがボケ役であった。
別に面白い方がボケで、面白くない方がツッコミだなんて
そんな単純なものではないが、「Wコージ」で仕事をする時はそれがベストだと思う。
それは2人が司会をしている時にも言える事である。仕切りは今田さんに任せ、
東野さんは仕切らずにボケていてもらいたい。


今田・東野2人で司会をしている場合、
互いがボケ、互いがかぶせていく。しかし、私が感じるには、
今田さんのかぶせ方より東野さんのかぶせ方の方がやはりおもしろいのだ。
おそらくその差は、今田さんは笑いにおいても潔癖なところがあり、
自分に非があるような笑いはしない。
ただ東野さんは破天荒な部分を持っており、
自分に非があろうが大きな問題になろうが「関係あるかい!」的なノリがあるため、
それがやはり、おもしろい笑いにつながっているような気がする。
ある種、何事においても無関心なのだ。
良い意味で無関心で無責任な発言ができる人なのだ。
上記に挙げた司会っぷりもそうだが、2人はその笑いの下地が全然違うため、
結果も大きく違うのだと私は思っている。


それから、コントやドラマの仕事の場合は、せめて大阪弁でさせて頂きたい。
あまりにも大根なので東京弁でのお芝居は、彼にはとても酷である。
ただ、ご本人は、自分が大根役者だなんて気づいてないようだけど…


明石家さんまさんではないが、離婚ネタも手に入ったにも関わらず、
あまり活用していない…。なんか、そのあたりはカッコイイ。
(※2004年、再び寄りを戻したらしいです。)



芸人批評「今田耕司・東野幸治」TOPへ 「お笑いの世界へ〜芸人批評〜」TOPへ
●2000年11月12日初回更新日
●2008年05月05日追記・修正更新日